活躍できる人材を、活躍できるフィールドに。
アーネストについて
スタッフ紹介
スタッフ紹介

ニュース&ブログ

活きのいい情報をお届けしています。

アーネストの新着情報と、ちょっと役に立つブログ。

通訳者あるある ①勉強に使った時間を返して!

通訳者として依頼者のニーズに応えるためには、まずは絶えず勉強を続けることが不可欠です。

当たり前の話ですが、通訳者同士でこの職業の悩みを語り合う時によく出るのが、

「事前資料を隅々まで勉強したのに、カットされた!勉強に費やした時間、返してほしい!」

これに似たようなケースがあります。例えば、

「資料を読み込んだのに、会議がキャンセルされた!」

あるいは、

「勉強したのに、当日は使わない過去の古新聞だった!」

などなど、どの場合も「あの時間を返してほしい!」ということ、そして話の相手も頷いて、

「分かる分かる、あの時間もったいないよね!」と必ず共感するのです。

 

資料だけでは理解に不十分な場合は、補足としてネットなどのリソースを使って研究にかけた時間も考えると、

確かにその時は不満が募る話なのは分かりますが。

でも実は、「その勉強した時間は決して無駄になってない!」と私は強く思っています。

 

なぜかと言うと、通訳の最中に、参加者のふとした言葉で本題から大きく逸れて

深い技術的なディスカッションに発展したりするケースがよくあります。

「あ、ヤバイことになったわ。。。でもなぜだろう、この話。。。知ってる!?」

不思議なことに適切な用語がちゃんと出てきて、路線から外れたトピックスでも対応できちゃう

ことが非常に多いと感じます。いつ、何の勉強した時だったかまで、思い出せちゃう時もあります。

 

ですから、会議がキャンセルされた、議題が飛ばされた、資料が差し替えられた、などの理由で

勉強に費やした時間が無駄になったと思っていたあの勉強は、

そんなピンチな時に意外にもちゃんと役に立ち、報われるんですね。

 

この通訳者あるあるを見て、あ~、あるある!と思った通訳者さんは、

時間が無駄になったと感じたその時は、確かにフラストレーションの元になりますが、

どの勉強でも、決して無駄なんかにはならない!と信じて、いつも意欲的に、

前向きに勉強を続けていただけたらと思います。

 

実はね、今日も、ちょうど資料の読み込みが終わったところで、会議がキャンセルされました。笑

 

さてと、次なにを勉強しようかな。。。

 

ブログトピックス

ブログ最新記事ページに戻る
TOP