新宿の月謝制英会話なら大人のための英会話教室 ステージライン新宿
  • ステージライン
  • ステージライン銀座
  • ステージライン仙台

ブログ&コラム

無料体験
What is New?

英語学習に役立つ情報やレッスン成果の紹介、レッスン内容の詳細などをご案内しています

台風あれこれ
2019.10.17

こんにちは。受付スタッフのParuです。

週末の台風、皆さんはしっかり準備してご無事に過ごされましたでしょうか?

わたしはどうも備えが甘く、勤務中に新宿の高島屋のパン屋さんの商品ですら

全て売り切れになったと講師から聞き、慌てて帰宅後にお米を炊き、せっせと大量のおにぎりを握りました。

台風が来る前にほぼなくなりましたが。。()

 

さて、今回日本で猛威を奮った台風ですが、英語ではtyphoonと表現します。

発音記号で表すと「taifúːn」、日本語の台風の発音とほぼ同じです。

またその他にも「ハリケーンhurricane」や「サイクロンcyclone」という表現もありますが、

皆さんはこれらの違いが分かりますか? 

 

実は、この3つは全て同じ台風、いわゆる熱帯低気圧を指します。

が、それぞれ発生した海域によって名称が変わるそうなのです。

ざっと、以下のようになります。

北太平洋西部(例:日本)で発生した熱帯低気圧は「typhoon」
大西洋や北太平洋東部(例:北アメリカ)で発生した熱帯性低気圧は「hurricane」
インド洋や南太平洋(例:ミャンマー)で発生した熱帯性低気圧は「cyclone」

 

当校の講師陣にも聞いてみましたが、その台風がどこで発生したかによって

上記(主にtyphoonhurricane)を使い分けているようでした。

また、日本では台風には発生順に番号をつけて○号という呼び方をしますが、

アメリカでは男女の名称がつきます(昔は女性の名前のみだったそう)

Hurricaneをただの番号で呼ぶのも味気ないよね。と講師談。こういうのもお国柄でしょうか。

 

日本では台風(typhoon)という言葉が一般的ですが、一口に台風と言っても実に様々ですね。

まずは自分たちの身の回りで起こることから、色々な英語で表現できるように学んでいきましょう。

今週末も雨降り予報のようです。

皆さんも喉元過ぎれば~ではないですが、油断をし過ぎずどうぞ安全にお過ごしください。

 

------------------------------------------

月謝制なので初期費用が安い英会話スクール
初心者から上級者まで、レベル別のグループレッスンは忙しい方にオススメのフリー予約システム!
講師や内容をオーダーメイドで出来るマンツーマンレッスンもあります!
今年はイベントも多数行う予定ですので是非お楽しみに!
インスタグラム始めました⇒@Stageline_Shinjuku

Stage line Shinjukuのポッドキャストも配信中!

ポッドキャストのアプリでStage lineと検索するかhttp://stageline.podomatic.com/にアクセス!!

無料体験お申込み

ご参加後の勧誘など、後追い営業は一切行いません。
まずは「無料見学」「体験レッスン」をお試しいただき、
ご自身で、納得の安心感を体験してください!

こちらをクリック!
TOP