活躍できる人材を、活躍できるフィールドに。
アーネストについて
スタッフ紹介
スタッフ紹介

ニュース&ブログ

活きのいい情報をお届けしています。

アーネストの新着情報と、ちょっと役に立つブログ。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

 

まだ先の事と思っていたオリンピックイヤー2020年が遂に幕を開けました。

期待していたほど街角経済に高揚感は見られませんが、訪日外国人が増えたことには日々驚かされます。

爆買いブームは収束したとのことですが、それでも都内のデパートの各フロアはいまだ外国人で溢れ、地方の観光地も外国人観光客のおかげで軒並み増収になっていると聞きます。

靴売り場で靴を試着したアジアからの訪日客は、店員の丁寧な対応に神様になったような気分だと言います。

観光地でも隅々まで掃除の行き届いたトイレに感動したなどの声も多数あります。

 

その原動力となっているのは日本伝統の丁寧で行き届いた心のこもった〝おもてなし〟なのでしょう。

なにも訪日観光客の為に編み出されたサービスではありません。

遥かいにしえの時代より途切れることなく脈々と受け継がれてきた接客文化がいま世界から注目されているのです。

 

また忘れてはならないのは資金を湯水のように使い構築された日本の社会基盤、インフラです。

新幹線、地下鉄網、高速道路、そして水道、下水の地下基盤です。

日本の水道からはミネラルウォーターが出てくる、日本の街はまったく下水臭くないと言われます。

だいぶ国家の借金は積みあがりましたがこの社会基盤は結果的に日本国の宝にはなりました。

そうです日本のエンジニア力の賜物です。

 

何かと日本の先行きに対してネガティブな見通しを吐くコメンテイターも見られますが、逡巡しているよりも行動。

先代から受け継いだ伝統文化と我々が自ら創り上げた高額インフラを融合させ、

政府も個人も強気で経済活動を押し進めましょう。

明日と言う字はその通り、明るい日です。

 
設計部 研修と忘年会

今年もあっという間に12月中旬、毎日寒い日が続いていますね。

さて、先日、当社では設計部スタッフで研修を行いました。

私事ではございますが、今回初めて研修全体の進行を任せていただきました。

今回はその様子をお話ししたいと思います。

 

研修内容は、自動車に関する知識向上を目的とする資料作成やコミュニケーション力向上を目的とした

グループワークを実施しました。

グループワークでは、どのグループをも賑やかそうで楽しそうにしていたのが印象的でした。

こういうところに社風のあらわれを実感しました。

お互いに意見交換をすることで、気づいたり考えさせられたりと、きっかけがない限り話さないことを社員通しで話し合い、

理解を深めることができたのではないかと思います。

また、若手・ベテラン関係なくスタッフが講師になって講義を行う企画も計画中です。

スタッフみんなの想いやテクニックなど共有していけたら素敵ですね。

会社は働く場だけではなく学びの場でもあります。

日々の業務で使える知識やワザ、成長に必要な意識・意欲など余すとことなく吸収できる、

そういった研修を実施していきたいと考えています。

 

研修後の忘年会では、普段なかなか話す機会の少ないスタッフの方とたくさん話すことができて、

とても楽しいひと時でした。恒例のじゃんけん大会も盛り上がりました。

今年も残すところあと少しですが、気を引き締めていきたいと思います。

 

 
生き抜くための情報整理 2 ネギと牡蠣

今年も風邪の季節がやって来ました。

十二月も始まったばかりなのにごく身近でインフルエンザの流行の兆しが見えます。

予防には手を両面丁寧に洗い、顔を触らないこと。特に粘膜の鼻、目を擦るとウイルスに感染してしまいます。

予防法に関しては様々な情報が飛び交っています。

医学的に正しいものであれば良いのですが、メディアが垂れ流す民間予防法にはついつい振り回され気味です。

 

流行の季節になると必ずテレビに登場してくるのは、ネギ農家の青年や牡蠣の養殖場を経営するオジサンです。

畑に青々と生えている立派なネギの緑の部分を切れ味鋭い鎌でサクッと切ると緑の空洞部分からネバネバした液体が、、、

それを喉に流し込みます。

そのコメント、「俺、これで一度もインフルエンザにかかったことはないよ。」と心強いお言葉。

翌週には牡蠣の養殖場、取り立ての新鮮な生ガキをススル逞しいオジサン。

やはりコメントは、「おかげで一度も風邪を引いたことないよ。」と笑顔。

そして次の日からはマーケットでネギと牡蠣を買う人も増えるのでしょう。

半信半疑でもついついカゴに入れてしまうのが普通です。

しかしネギの成分のアリシンや牡蠣のミネラルで風邪を引かなければ医者はいりません。

そうです、よくよく考えてみれば、ネギの青年も牡蠣のオジサンも人との接触の無い遠隔地に住んでいるからインフルにかからないのです。

もしこの二人が東京の真冬、ラッシュアワー時の中央線に乗車したならば免疫が無いだけに酷い風邪を引くことでしょう。

さまざまな情報が洪水のように流れてくる現代、鵜呑みにせず少し考えて行動しましょう。

と言う私も良く騙されますが、、、、、

 
復興

台風19号により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

時間が経つにつれて被害の大きさが判って来ました。

弊社の本社所在地の宇都宮駅周辺も洪水による被害がありました。

事務所のあるビルも一部被害がありましたが、現在は復旧しております。

全ての被災地の一日も早い復旧回復をお祈りしております。

 

ブログトピックス

TOP