活躍できる人材を、活躍できるフィールドに。
アーネストについて
スタッフ紹介
スタッフ紹介

ニュース&ブログ

活きのいい情報をお届けしています。

アーネストの新着情報と、ちょっと役に立つブログ。

ほっこり

機械設計、技術翻訳など技術サービスを看板にしていますから

外から見ても中からみても専門用語ばかりのガチガチ体質です。

 

でも稀にその技術サービス業を震え上がらせる案件が舞い込みます。
「“カピパラ君のほっこり仲良しハウス” を翻訳してください。」
弊社の異文化セミナーなどを担当するスタッフがお客様から持ち帰ったプチ翻訳の仕事です。
動物園や水族館などもお客様ですので。warm,fluffy,relaxed???

 

まあこれは電子部品の取説などを翻訳しているスタッフに投げても頭を抱えるだけでしょう。
そんなわけで技術翻訳とは関係ない部署の普通の英語ができて且つセンスの良い者に任せます。

そうすると適材適所といいますか、動物園のマップ上に点在する不思議な名前の施設に
どんどん英語名と中国名が併記されていきます。

 

この手の翻訳は変に自信をもって独断と偏見でまず叩き台を作らなければ、

その後の議論や技術評価??に至らないわけです。

可笑しな原文タイトルに可笑しな翻訳、対訳をちりばめてくれたスタッフに感謝し、
また楽しくホッコリする案件でありました。

 
東洋と西洋 文化の違い

突然ですが、ちょっとした心理テストです。

空を風船がフワフワと飛んでいる光景を思い浮かべてみてください。その風船は突然速度を上げて飛んで行ってしまいました。

さて何故でしょう?

 

我々日本人を含む東洋人の多くは、「風に吹かれて飛んで行った。」と答え、欧米の人たちの多くは、「風船から空気が出たため飛んで行った。」と答えるそうです。

実はこれ、以前某テレビ番組で取り上げられた「東洋と西洋の文化の違い」を表す例です。

 

東洋人は、自分と周囲とのつながりや関係を見、行動は周囲からの影響が大きいと考える傾向が強いそうです。一方西洋人は、対象となっている物(ここでは風船)それ自体が行動をコントロールすると考える傾向が強いそうです。もちろんこれはあくまでも傾向の話なので、個人差はありますが。

 

ますますグローバル化・ボーダレス化が進む現代。多くの日本人が海外で、逆に多くの外国人が日本で生活をしています。既にお隣の住人は、また職場の向かいのデスクの同僚は外国人なんて人もいるかもしれません。人は皆、基本的に自分の「当たり前」を基準に物事を考えますが、同じ物を、同じ事を、同じ様に見ているのに、その見え方は人によって全く異なっていることは、意外と普段は意識していないことだと思います。

 

アーネストエキスパートサービス研修部門では、様々な語学研修の他に、専門の講師による企業向け「異文化理解」セミナーを開催しています。

社内外での外国人との円滑なコミュニケーションのためには、ちょっと視点を変え、まずは文化の違いを理解することが重要とお考えの人事ご担当者様、お気軽にお問い合わせください。

 
人工知能AIがウチのライバルに?

最近騒がしく新聞や雑誌、挙句はテレビ特集の権威クロゲンまでが将来AIが

さまざまな仕事の担い手、人間の仕事を奪っていくと報じています。

 

はてさて、物騒なタイトルに惹かれてテレビを見たものの特集の最後はいつも腰砕け、スマホでお手軽に使える翻訳ソフトも極々簡単なフレーズしか確実に表現できず立ち往生。

ウチで生業にしている難解な技術通訳やCAD設計はまだまだ大丈夫だなんてホットしたりして(笑)ウチのスタッフはまだ生きていけるって。

 

ただ現状のソフト開発のスピード、技術革新はめざましく、やがては遠い未来と信じたいのですが、ドラエモンのお腹から出てくる未来の道具“翻訳コンニャクお味噌味”みたいなものが本当に発明されるのでしょうか?

 

CAD設計の分野、機械設計やそれを具現化する試作3DプリンターなどがAIで最初から終わりまで完結される時も来るのでしょう。

でもその時代にはきっと鮨を握るのも寿司ロボット、食べに来る客もロボットかも知れませんね。

 

それじゃ哀れな我々人間は何を信条に何をして暮らしていけばよいのでしょうね。

もしかすると未来の人間は何不自由ない都市を捨てて、不自由を求めて帰農するかも知れません。

 
地方から東京への転職

転職希望者の数が年末以降上昇しています。
2017年3月現在では、昨年の1.35倍に転職希望者数が増加しているそうです。
 
そんな中、他県から東京に住みたいというだけで東京の企業に転職した方達が、
結果3年以内に地元に戻られるケースが少なからず発生しています。
 
地方の募集と比べたら年収も高く、様々な職種があふれているのが東京ですが、
その部分だけを見て、東京に住めるならどんな仕事でもと、
簡単に仕事を選ばれた方が、結果地元に戻るケースになることが多いようです。
 
このように、わずかな期間で地元に帰られる方からは、
「東京のスピード感や競争社会についていけない。」という声を聞きます。
 
多くの人が憧れる東京は、地方では味わえないものがあふれていますが、
その反面、生活費が高いなどのデメリットもあります。
 
東京に住みたいから転職するのではなく、自分は何をしたいかが大切で、
その結果、東京にしかいない仕事に転職するのであれば、
きっとその転職は成功と言えるでしょう。

 

アーネストエキスパートサービス人材部門では、
様々な転職サポートの経験を持つスタッフが、
貴方のご希望に合う案件をご提案し、転職成功へ導きます。
 
転職についての疑問やご相談など、お気軽にご連絡ください。

 

ブログトピックス

TOP