月謝制英会話なら大人のための英会話教室 ステージライン新宿
What is New?

英語学習に役立つ情報やレッスン成果の紹介、レッスン内容の詳細などをご案内しています

「当たり前」の大切さ
2021.09.27

こんにちは。受付スタッフのEllieです。

 

私は6月に右手首を骨折し、1カ月以上右腕を固定しギプスをしていました。

医師から「なるべく動かさないように」と言われ、ギプスをしている間は利き手ではない左手のみで生活することになりました。

 

普段生活する中で、常に自分の手に感謝しながら生きている人はほとんどいないと思います。

私もその中の一人でした。たまに健康である自分の体に感謝することはあっても、特別右手に感謝することなんて、今まで一度もありませんでした。

でも、使えなくなった途端、今まで右手がどれだけいろんなことをしてくれていたのかに気が付きました。今もまだ以前のようには使えませんが、普通の生活ができるようになっただけで自分の右手に「今日も頑張ってくれてありがとう」という気持ちになります。

 

私の好きな言葉にこんなものがあります。

Almost everything comes from almost nothing.

(ほとんど全てのものがほとんど何もないところから来ている。)

– Henri-Frédéric Amiel

 

朝起きて、髪を結んで顔を洗い、歯を磨く。手で箸を掴んでご飯を食べる。化粧をし、着替える。何も特別ではない日常の行動一つ一つが全て難しくなってから、「何もない些細なことが実は私の生活の全てだった」ことに改めて気が付くきっかけになったと実感しました。

 

このような感覚はコロナが始まってからも感じました。

コロナ禍で私たちの生活は大分変りました。

私は散歩をするのが好きですが、マスクを付けて長時間歩くことに苦しさを感じ、以前のように散歩に行かなくなりました。一人で映画館に行くのも大好きでしたが、コロナ感染が怖くて映画館にも行けないまま、パソコンで映画を見ることに満足するしかなくなっています。

こんな些細なことが重なり、気が付けば大きなストレスになっている人が多いでしょう。

当たり前に出来ていたことの多くが出来なくなり、今更思います。当たり前のことなんて、実はなにひとつ無いということを。

 

ワクチン接種率も上がってきて、徐々に元の生活に戻る日が近づいてくるような気がします。

以前は大切さを感じられなかった些細なことに、今後はもっと感謝しながら毎日生活できるようになりたいです。

 

 

---------------------------------------------

月謝制なので初期費用が安い英会話スクール
初心者から上級者まで、レベル別のグループレッスンは忙しい方にオススメのフリー予約システム!
講師や内容をオーダーメイドで出来るマンツーマンレッスンもあります!
インスタグラム始めました⇒@Stageline_Shinjuku

無料体験お申込み

ご参加後の勧誘など、後追い営業は一切行いません。
まずは「体験レッスン」をお試しいただき、
ご自身で、納得の安心感を体験してください!

こちらをクリック!
TOP