新宿の月謝制英会話なら大人のための英会話教室 ステージライン新宿

ブログ&コラム

無料体験
What is New?

英語学習に役立つ情報やレッスン成果の紹介、レッスン内容の詳細などをご案内しています

The Travelling Cat Chronicles
2020.03.09

こんにちは。

受付スタッフのYukiです。 

前回お話ししたスペイン旅行の往路、トランジットでオランダのアムステルダム空港に行ったとき、

ある本を見つけました。

The Travelling Cat Chronicles

こちら、日本の作品なんです。作者はHiro Arikawa

以前映画化もされた、『旅猫リポート』です。

ここで注目したいのは、邦題での“リポート”が英題では“Chronicles”となっている点です。

日本語では、“リポート”で伝えたいニュアンスは十分伝わりますよね。

かえって“chronicle”だと、なんだかとてつもなく壮大な物語やファンタジーを想像してしまいます。

(実は読んだことがないため、実際の物語は存じ上げないのですが……汗)

英英辞典でそれぞれの単語を引いてみると、

Report= information that something has happened, which may or may not be true

Chronicle­= a written record of a series of events, especially historical events,

written in the order in which they happened

(From Longman Dictionary of Contemporary English)

とあるように、“report”が単に“起こった出来ごとの説明”であるのに対し、“chronicle”には“

起こった一連のできごとを‘順番に記録’したもの”というニュアンスが強くあることが分かります。

英題をつける方が本編を読んで、ネイティブに内容がより伝わりやすい単語を選んだのでしょうか。

 

このように、ネイティブの持っている単語に対するイメージは、私達日本人にカタカナ英語

として定着しているイメージとはしばしば異なります。

本記事では細かなニュアンスの違いの例を挙げましたが、今月のYuka講師による

マンスリーレッスン『通じないカタカナ英語』では、より具体的に“日本で日常的に

使われているけれど、英語圏では通じないカタカナ英語”を学ぶことができますよ!

 

------------------------------------------

月謝制なので初期費用が安い英会話スクール
初心者から上級者まで、レベル別のグループレッスンは忙しい方にオススメのフリー予約システム!
講師や内容をオーダーメイドで出来るマンツーマンレッスンもあります!
今年はイベントも多数行う予定ですので是非お楽しみに!
インスタグラム始めました⇒@Stageline_Shinjuku

Stage line Shinjukuのポッドキャストも配信中!

ポッドキャストのアプリでStage lineと検索するかhttp://stageline.podomatic.com/にアクセス!!

無料体験お申込み

ご参加後の勧誘など、後追い営業は一切行いません。
まずは「無料見学」「体験レッスン」をお試しいただき、
ご自身で、納得の安心感を体験してください!

こちらをクリック!
TOP