月謝制英会話なら大人のための英会話教室 ステージライン新宿
What is New?

英語学習に役立つ情報やレッスン成果の紹介、レッスン内容の詳細などをご案内しています

Understanding Languages = Understanding Cultures
2021.10.11

こんにちは。受付スタッフのEllieです。

 

企業向けセミナーの中に「異文化理解」というプログラムがあります。最近は多くの企業が語学研修と同時に、違う文化の人とどのように協力しながら仕事を進めていけば良いのかの社員研修も行っています。

 

今後、社会のグローバル化は更に加速し、変化や新しいものが苦手な人であっても変わっていく時代の流れに逆らうことはできません。

今まで海外にあまり興味がなかった人や外国語を学ぼうとしたことがない人でも、コロナ禍で海外との交流が難しくなったことで、自分が思っていたより実は海外と繋がっていたのだと感じた人は多いのではないでしょうか。

 

これからも、私たちはより多くの国の人と接しながら生活していきます。同じ文化を持つ人でも価値観の違いから摩擦が生まれるのに、全く違う環境の中で生まれ育った人とならその差がより大きくなるのは当然です。お互い常に理解し、配慮しなければ様々なトラブルが絶えないでしょう。

相手の立場から考えたり、配慮したりする事は常識を持っている大人になら難しいことではないと思っている人でも、実際にそれが出来る人は僅かではないでしょうか。人間は「違っている=間違っている」と感じてしまう傾向があるからです。自分の価値観や考え方と違う人を見ると、もどかしく分かりにくく感じてしまい、ついイライラする人も少なくありません。

 

海外に直接行ったことがなくても、語学学習の経験がある人ならきっと誰しも文化の違いを感じたことがあると思います。何故このような表現をするのか、その言い回しのニュアンスを理解するためにはその言語を使っている国の文化や特徴までを理解できなければ難しくなります。

 

私が大学で日本語を勉強したとき、「~させていたただきます」という表現がどうしても理解できませんでした。「私がする」のに、「いただく」という表現は文法的におかしいのではと思いました。

文化庁「敬語の指針」によると、【相手側または第三者の許可を受けて行う。そのことで恩恵を受ける事実や気持ちのある場合、「~させていただく」という表現を使う】とのことです。理論は理解しているつもりですが、未だにいつこの表現を使えば適切なのか完全には分かりません。文法の理解が足りていないこともありますが、文化の違いからくる影響もその理由のひとつだと思います。

 

外国語を学習することは、このように言葉を覚えるというシンプルなことだけではなく、違う文化を理解することも含まれています。異文化を理解し、それによってより広い視野を持つようになれば、これからの社会でより活躍できるのはもちろん、人間力も高められていくのではないでしょうか。

 

 

---------------------------------------------

月謝制なので初期費用が安い英会話スクール
初心者から上級者まで、レベル別のグループレッスンは忙しい方にオススメのフリー予約システム!
講師や内容をオーダーメイドで出来るマンツーマンレッスンもあります!
インスタグラム始めました⇒@Stageline_Shinjuku

無料体験お申込み

ご参加後の勧誘など、後追い営業は一切行いません。
まずは「体験レッスン」をお試しいただき、
ご自身で、納得の安心感を体験してください!

こちらをクリック!
TOP