月謝制英会話なら大人のための英会話教室 ステージライン新宿
What is New?

英語学習に役立つ情報やレッスン成果の紹介、レッスン内容の詳細などをご案内しています

Word of the Year!
2021.12.27

こんにちは。受付スタッフのYukiです。

 

毎年12月に京都の清水寺で発表される「今年の漢字」、2021年は「金」が選ばれました。

東京オリンピックでの選手たちの華々しい活躍、そして新型コロナウイルス感染拡大に伴う給付金等のお金にまつわる話題が主な理由になっているそうです。

 

実は英語圏でも「今年の単語」というものが、毎年発表されていることをご存知でしょうか。

アメリカではメリアム・ウェブスター社が、イギリスではコリンズ社が発表するものが有名(どちらも辞典等の出版を手掛ける会社です)で、今年はそれぞれ“vaccine”と “NFT(Non-Fungible Token)”が選出されました。

選出方法は日本の一般応募によるものとは異なり、「検索率の上昇」「昨年からの比較」等によって選ばれるようです。

 

今年の漢字と英単語をひとつずつ選ぶとすると、皆さんは何を選びますか?

私は、漢字なら「宅」です。

今年は在宅ワークがあったということと、昨年と比べて、映画やドラマだけでなくアーティストライブや舞台もオンラインで、在宅参加・鑑賞できるものが増え、自宅から出られなくてもそれなりに楽しめるようになったことが理由です。

英単語なら“bias”です。

「偏り」という意味になりますが、スラングで「推し(特にK-popアイドルに向けて)」という意味でも使われています。

「今年の英単語」として“bias”を選んだのは、上記のように、今年は家に居て触れられるコンテンツが増え、そのおかげで好きになったアーティストのことを知る中で「推し」という意味での使われ方を発見したからです。

“Who’s your bias?”や“My bias is …”等と使えるようですよ!

今まで映画ばかり見ていたのが、毎日のように推しの動画を漁るようになりました笑

 

まだまだ予断を許さない状況下ではありますが、限られた中でも楽しみや幸せを見つけられるように日々過ごしています。

皆さんも今年の締めくくりとして、漢字や英単語を選び、英語での説明の仕方も考えてみてくださいね!

それでは、I hope you have a holiday full of love and joy!

 

---------------------------------------------

月謝制なので初期費用が安い英会話スクール
初心者から上級者まで、レベル別のグループレッスンは忙しい方にオススメのフリー予約システム!
講師や内容をオーダーメイドで出来るマンツーマンレッスンもあります!
インスタグラム更新中!⇒@Stageline_Shinjuku

無料体験お申込み

ご参加後の勧誘など、後追い営業は一切行いません。
まずは「体験レッスン」をお試しいただき、
ご自身で、納得の安心感を体験してください!

こちらをクリック!
TOP